オーストラリアで32ロール入りのトイレットペーパー150パックと1リットルのサニタイザー150本を買いだめした男性が、スーパーに返品したいとやってきた。しかし店側はこれを断り、男性を追い返したスーパー経営者が怒りの動画を公開した。

オーストラリア州のアデレードで「ドレイクスーパーマーケット」を経営するジョンポールドレイクさんは、自身のYouTubeチャンネルで買いだめした客に対する怒りをあらわにしている。新型コロナウイルス感染拡大が始まった頃に買いだめした男性が、今頃になって返品を希望してきたのだ。しかもそれはとんでもない量だった。

2020年トイレットペーパーの年だ。みんながトイレットペーパーを抱えている光景を目にしてるだろう。まったく馬鹿げている。」
「昨日、店を開店すると最初の客が来た。その男は32ロール入りのトイレットペーパー150パックと、1リットル入りのサニタイザー150本を返品したいと言うんだ。」

そしてドレイクさんは、カメラに向かって中指を突き立てた。

その仕草は欧米で相手を強く侮辱する意味を持つが、ドレイクさんは「こういった人たちが、国全体に問題をもたらしているんだ」と訴えている。

ドレイクスーパーマーケット」ではパニック買いのために、4週間で8か月分に値するトイレットペーパーが完売した。さらにたった9日間で1年分に値する小麦粉が売り切れてしまったそうだ。

買いだめした男性はトイレットペーパーやサニタイザーをオークションサイトeBay」で転売していたが、アカウントが閉鎖されたために返品を求めたという。しかも男性は20人ほどのスタッフを雇い、品物を大量に買い付けていた。ドレイクさんは返品には応じず、男性をその場で追い返した。

現在ドレイクさんのスーパーではスタッフが店内を監視し、必要以上の数を買おうとする客を見つけた場合は警察に通報するなどの対処に追われている。

「まさか自分が今、見ているような状況に置かれるとは思いもしなかったよ。人々が販売システムを利用することに、我々は慣れていない。誰も慣れていないんだ。」
「必ずしも、ここで売っていたり買いだめされたものではないと思うが、オンラインではかなり高値で取引されている。」

そんなドレイクさんは、トイレットペーパー製造者に「1パック内の量を減らしてはどうか」と提案したそうだ。ある業者は4ロールや8ロール入りのパックを製造し始めたが、現在は需要が高いため大型パックの方が効率的だと主張する業者もいるという。

画像は『7NEWS.com.au 2020年4月15日付「Drakes Supermarkets boss’ blunt message for toilet paper hoarder during coronavirus crisis」(Credit: 7NEWS)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 寺前郁美)

海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

転売ヤーざまぁな展開か、日本でもドラックストアにマスク返品に来たアホがいたが転売するなら売れなかった時のリスクも考えてやれってのよな。まぁ一番は転売なんてやらないのがいいんだろうが・・・w


当たり前だよなぁ?


トイレットペーパーなんかは使う量が増えるわけじゃ無いからまとめ買いせんでもいいと思うんだが


確かに1パック96個入りのみとかにすれば大量買いは減少するかもしれないな。


手前で買ったトイペで一生埋もれてろ!!!(ドヤ顔)


何が悲しいってこの転売ヤーはただ追い出されただけで社会的には何の罰も与えられないって事だよな この害虫を放置すればまた売り先を探し始めるのが分かり切ってるのに


生理用品の転売やめろよ気持ち悪い。その男性の何が引っ付いているか分かったもんじゃないわ。


返品ってのはあくまでも店側の善意でやってる事で本来はそんな義務ないからね 仕方なしな理由があるならともかく転売するつもりで売れなかったとかじゃ拒否されて当然


転売ヤーが世界的に害悪な存在として認識されてるなら、いい加減マスク規制とか以外にも細かい法律が必要だろうな。


ざまあみろという言葉を贈ろう。


やっぱり転売ヤーは世界共通の敵なんだなって


店長よくやった!


返品しようとした男性は「普段の生活ではそんなに消費しないタイプ」だったのか?